Webを武器にしたい中小企業の方の外部の専門家!戦略立案・行動計画、HP制作・コンテンツ・SEO・広告・オフライン施策やシステム選定などワンストップ丸ごとサポート

印象に残るのは「物」より「人」、企業ブランドの人格化の必要性

代表中山陽平ブログ「苦手意識を無くせば、あなたのWeb活用はうまくいく」

「がんばる中小企業」のWeb活用をサポートしています。

今の時代、第3者である、制作会社や代理店におまかせでは勝てません。なぜなら「嘘ではない・リアル」「会社が何を世の中に提供しようと頑張っているか」が買い手の判断基準になっているから。

そこで、このブログでは御社が中心となってウェブ活用できるヒントを配信しています。

最新記事一覧

配信日:2023年11月7日
発行元:ラウンドナップ・Webコンサルティング
代表取締役 中山陽平

気づけば後1枚カレンダーを捲ると2023年が終了します。

しかし気温は30度超え…?秋はどこに行ったのでしょうか。春夏秋冬崩壊でしょうか。

販促カレンダーが大荒れな気がしますがみなさまいかがでしょうか

さて今回は、企業ブランドについてです。企業ブランドというと大きな企業がやる物で、中小企業がやる物じゃ無いと思われがちですが、そんなことはありません。 また、何となく想像される「お金がかかる」「仰々しい」ものでもありません。

企業ブランドって言う言い方が良くないかもしれませんね。 私は「会社を”人”として捉えてもらう」こと、だと定義しています。

法人という言葉が示すとおり、人格を感じてもらうんです。 この後の内容を元に顧客対応、そしてWebサイトもまとめていくと、記憶に残りやすい企業になれる可能性が高いです。

[無料週間メルマガ] Webコンサル通信 - 中小企業に活用に役立つヒント・トピックスをお届け

今回のテーマ:印象に残るのは「物」より「人」、企業ブランドの人格化の必要性

なぜ企業を人として見てもらうと良いことがあるのか?

そんなこと必要あるのか?と思う方もいるかもしれません。ただ、「物」より「人」の方が心を開いてもらいやすい、メッセージが伝わりやすいです。

物という抽象的な物に対して信頼関係を結ぶのは難しいんです。

諸説ありますが、人類の中でホモサピエンスが最終的に生き残ったのは、中小的な概念を共有できて大きな集団を形成できたからとも言われますね。

それだけ抽象的な「概念」を信じるのは、普通は難しいことです。逆に、人と人同士は、普段から様々な信頼形成のための行動を行っているので、スムーズです。

それをうまく使っているのが曰く「営業心理学」であったり「カチッ・サー」などといわれるものではあるのですが…その様な負の側面もありますが、既に回路があるので人同士のやりとりと思ってもらった方が、メッセージは伝わりやすいんです。

マスコットキャラクターが何だかんだ効果的なわけ

企業ロゴに使われるレベルから、ワンポイントに使われるだけまでいろいろありますが、マスコットキャラクターがずっと使われ続けているのは、それが理由でもあります。

そのキャラクターのイメージ = 企業のイメージ、になります。無機質なロゴよりマスコット入りのロゴの方が伝わる物がありますよね。

逆に言えば、マスコットキャラクターは長い目で見て、どういうスタンスの企業だと思ってもらいたいかをしっかり考えないといけないわけですが。

もちろん、マスコットキャラクターが必要なわけではない

と、マスコットを使うかどうかはさておき、この情報過多の世の中で「分かりやすく人の頭に残る」ためには、人格化を使わない理由はありません。

1人会社で会社を全面に押している方は、中の人を押し出すカタチにするだけで、反応は変わってくると思います。

1度浸透した物を帰るのは難しいので、やるとしたらゆっくりマイナーバージョンアップして、テイストをずらしていくような形になるでしょう。

ただ…

マスコットキャラクターなどの見た目の話ばかりしていましたが、実際に企業の印象を作るのは、やっぱり働いている方とのやりとりなんですよね。

それは店頭もそうですし、メールや電話もそうです。また、外向けに出しているコンテンツもまた、人格を感じさせるものになります。

文字通り「人」として。

企業にどうやって人格を持たせるか?

では、企業の人格化はどうしたらいいか?「会社を”人”として捉えてもらう」には?

結論から言うと…理想とする「仮想人格」を作り、それを常に意識しながら各員が仕事をするという形が良いと思います。

この際大事なのが「いきなりディズニーばりのガチガチを意識しない」ことです。確実に挫折します。また、エンターテインメント企業で強いキャラクターがいるところだからできることでもあります。

ポイントは

 

  • 50%をめざす…完璧を求めるには少数精鋭で無いと厳しい
  • 内心に踏み込まない、外形的に守れればOKと割り切る
  • ブランドストーリーを作る「Why – Who – How」
  • マスコットの有無にかかわらず、トーン&ボイス(仮想人格)を作る
  • ビジュアルデザインを共通化する

 

等からはじめることです。

「うちはこういう人が接しているという印象を持たせたい、その仮想人格を作って、これに沿った行動を外形的にでいいから行ってもらう」

はみ出る部分はスクリプト化やガイドライン化するしかないですが、あまり細かいガイドラインが増えると、守り切れないので崩壊するので最終手段です。

そこそこではじめて、押しつけすぎない方が良い

今の時代、内心まで統率しようとすると反発が大きいですし、そもそもそこまで外圧でやるべきでは無いと思っています。

また、経営陣やリーダーがブランドの価値観に沿った行動をすることが大事です。リーダーが率先して価値観を体現することで、周りも動きやすくなりますよね。

まずは、会社を象徴する人間を1人作ってみて下さい。

そしてみんなで継続してそのキャラに沿った対応をする、それだけだって大変ですよね。なので、無理なく。

Webもその仮想人格を意識してみてくださいね。

後は、できるだけ使いたくは無いですが、緊急事態や危機が発生した際の対応。誰が話すべきか、どのようなメッセージを伝えるべきかなどを決める「クライシスコミュニケーション」も考えておくと尚良いかなと思います。

ではでは、今回は以上です。

このホームページをフォローする